放射線科看護師求人ガイド【※放射線科で採用される方法】

放射線科の看護師の転職事情

放射線科の看護師の求人情報をお探しなら、ハローワークなどで探すよりも転職エージェントに任せるほうが見つけやすいでしょう。転職活動をサポートしてもらえるのも大きなポイントです。

ナースフル数ある転職エージェントの中でも利用者満足度トップクラスの優良サービスです。これから放射線科の看護師の転職を考えているなら、まず登録しておくことをおすすめしますよ。

放射線科の看護師の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
ナースフル 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
ナースフルはリクルートグループが運営する看護師の転職サイトです。業界最大級の求人数に加えて転職のプロが提供する情報とサポートの質が大きな魅力です。一般求人サイトでは見つからない求人も多く、しかも完全無料。高収入の求人はもちろん、土日休、休日年間120日以上といった条件にも合った求人を見つけられます。放射線科をはじめとした専門的な診療科の求人も多く、希望の部門で条件の良い選択肢を見つけていくことができるでしょう。

ナース人材バンク 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
ナース人材バンクはキャリアコンサルタントによる質の高いサポートが魅力の看護し専門の転職サイトです。キャリアコンサルタントが希望に合った求人を提案してくれるほか、最新の求人をいち早く教えてくれます。放射線科のように人気が高くすぐに応募が埋まってしまうような求人もすぐに教えてくれるのでチャンスを逃さず応募ができます。しかも勤務先に合わせた面接対策や勤務条件の交渉の代行といった1人では対応しにくい準備も行ってくれます。

マイナビ看護師 無料 全国 ☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
マイナビ看護師は転職サイトとして豊富な実績を重ねているマイナビグループが運営する看護し向けの転職サイトです。放射線科をはじめとした診療科・部門別にこだわった求人の検索ができるほか、キャリアコンサルタントによる求人の紹介制度も充実しており、数が限られてしまう放射線科の求人もいち早く入手できます。しかも全国各地、エリアごとの求人を豊富に取り揃えているので地元の求人、あるいは通勤可能なエリアの求人の絞りつつ多くの選択肢を確保することも可能です。

放射線科の看護師求人は多い?

放射線科の看護師求人は多いか少ないかの判断は数そのものだけでなく、他の診療科との比較も含めて下す必要があるわけですが、どちらの面から考えても求人数は少ないと見た方がよいでしょう。ネットや情報誌で放射線科の看護師の求人を探せばそれなりの数を見つけることができるものの、採用のチャンスとなるとまた事情が異なってきます。

放射線科の看護師求人の数が少ない点に関してはこの診療科ならでの事情が深くかかわっています。まず放射線科を設置している病院そのものが限られていること。最新の技術と設備・機器を活用して検査・治療を行う診療科だけに大半が総合病院・大学病院に設置される形となっています。その分他の診療科に比べて在籍している看護師の数そのものが少なくなるわけです。

それから一度に募集する看護師の人数が少ないのも大きな理由です。どの病院でも放射線科に在籍している看護師は数名程度、多くても10人を超えるか超えないかでしょう。そのため新卒にしろ中途採用にしろ募集する人数が少なくなります。加えて中途採用の場合はこの分野における実務経験が応募条件になることも多くなりますし、関連の認定看護師の資格を保有している人の方が採用の際に有利になるので持っていない場合にはチャンスが狭くなってしまいます。

また、求人を探す看護師の都合もあります。がん放射線療法看護といった資格を取得しているかどうかだけではなく、自分が希望する環境で働けるかどうか、応募する側が選ぶ面もあるのが放射線科の特徴です。最新の技術や機器・設備を用いて検査・治療を行う診療科のため、どのような治療法や設備を導入しているか、この分野で専門的な知識と実績を備えた医師が在籍しているかどうかで看護師の働く環境にも違いが出てくるのです。キャリア志向が高ければ高いほど、就業環境に求める条件や理想が高くなるため、求人があればどこでもいい、というわけにはいかなくなります。

こうした事情から放射線科の看護師求人は少ない環境といえるのです。しかも限られた求人をしっかりと入手してチャンスを逃さない環境を整えておくのはもちろん、採用のチャンスがありそうな、あるいは本当に自分が働きたいと思える職場からの求人をよく吟味して選び抜いていくことが求められます。その分情報収集が重要な鍵となるほか、面接対策や志望動機、履歴書・職務経歴書の作成といった転職の準備も併せて行っていきたいところです。


Copyright (C) 2016-2017 放射線科看護師求人ガイド【※放射線科で採用される方法】 All Rights Reserved.